ソニーミュージック、アーティストの作品を利用した無許可のAIトレーニングの停止に向けて動き出す – CNET from CNET(HowTo)

海外記事要約



ソニーミュージックグループは、サードパーティ企業が自社のシステムを構築するために自社のレコーディングアーティストから抽出したトレーニングデータを許可なく使用することを許可しないと述べた。
同社は、芸術をサポートするために新しいテクノロジーを率先して取り入れるアーティストやレコーディングアーティストをサポートすると付け加えた。
特にドレイクは最近、ラッパーのケンドリック・ラマーを中傷するためにAIを使用してトゥパック・シャクールとスヌープ・ドッグの似顔絵を無断で生成したとして批判を浴びており、nnndobs、BTS、エイミー・ワインハウスなどがその例である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました